末永く愛用する結婚指輪を選ぶ!サイズから素材・デザインまで結婚指輪のポイントなどをご紹介

当サイトでは末永く愛用する結婚指輪を選ぶための、サイズから素材・デザインまで指輪選びのポイントをご紹介しています。
お気に入りの指輪を手に入れるための、参考になるかも知れません。
またこのサイトでは、マリッジリングを長く使い続けるために重要な点も解説しています。
価値あるリングは長く手元において大切にしたいものです。
さらにそれぞれの人によって異なる手の、タイプ別に似合う指輪を選ぶ方法も詳しく紹介しています。

末永く愛用する結婚指輪を選ぶ!サイズから素材・デザインまで結婚指輪のポイントなどをご紹介

二人が年を重ねても使い続けることができるような結婚指輪を選びたい、という人もいるのではないでしょうか。
自分たちに合う結婚指輪を見つけるためのポイントの1つはサイズです。
大きさが合わないと快適に着けられなくなってしまいます。
また素材も重要なポイントの1つです。
ゴールドやプラチナなど肌映りの良い素材を選ぶことをお勧めします。
さらにデザインは、手元の印象を左右しますし流行もあります。
納得の指輪を見つけるのがお勧めです。

結婚指輪のサイズ選びのポイントとは

結婚指輪を購入する時には快適に長年使用し続けることが出来るようなサイズのものを選びたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪の大きさはフィット感を左右しますし、良い状態で使用し続けられるかにも関わってきます。
リングが小さいと、きつく感じられて圧迫感があります。
しかし大きすぎた場合には緩いため、ふとした拍子に落としてしまうことにもなりかねません。
サイズ感はデザインによっても変わって来るのが特徴で、例えば幅広タイプのデザインだと指に触れている面積が広いのできつく感じることがあります。
そのため場合によってはやや大き目のものを選んでも良いかも知れません。
反対に細い結婚指輪はおなじ直径でも緩く感じることがあります。
また指輪が緩めだった場合、圧力がかかった時に歪んでしまうこともあります。
歪むのを防ぐためには、大きさの合った指輪を選ぶのがおすすめです。
いずれにしても結婚指輪は試着をして決めると良いでしょう。

結婚指輪選びで注意したいリングの強度

結婚指輪を選ぶときにはデザインが好みに合うことを重視して決める人は多いのではないでしょうか。
好きなデザインの指輪なら愛着を持って使用することが出来るというメリットがあります。
しかし毎日着用するものでもあるため、結婚指輪はお洒落さだけでなく強度にも配慮して選ぶのがお勧めです。
ゴールドやプラチナなどの金属で出来ているとはいえ、結婚指輪は圧力がかかったり衝撃を受けたときに歪むことがあります。
例えば手すりを強く握りしめたときや重い荷物を持ったとき、硬いものにぶつけてしまったときなどはその一例です。
普段から気にせずに着けていられるような、扱いやすい丈夫な結婚指輪を選びたい場合には、純度の高いプラチナやゴールドの指輪は避けた方が良いかも知れません。
またリング部分が細いデザインも、太いものよりも強度は低めとなります。
丈夫な指輪には鍛造製法で作られているものが挙げられます。
変形しにくく、しっかりした質感が特徴です。

結婚指輪の太さの違いと見た目の印象

結婚指輪にも色々な太さのものがあるのでどれを選んだら良いか分からない、という人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪はリングの幅によって見た目の印象も変わってきます。
そのため似合う太さの指輪を選ぶことをお勧めします。
およそ3ミリくらいの幅といえば、結婚指輪としても一般的なサイズといえます。
耐久性もあり、見た目としても一般的です。
これよりも細い2.5ミリほどとなると、上品で指の細い女性に似合う場合が多いようです。
3.5ミリくらいの幅となるとしっかりした印象が感じられるかも知れません。
とはいえそれほど太すぎるということもないので、女性にも男性にも選ばれます。
これよりも太い4.0ミリ幅は、かなり存在感のある印象の結婚指輪に感じられるでしょう。
指が太い方や、男性にもおすすめです。
ペアでお揃いの指輪を選ぶ際には男性と女性で幅を少し変えることが多く、メンズの指輪をやや太めにするとバランスが良い印象です。

結婚指輪の付け心地を左右するポイント

結婚指輪を購入するなら付け心地の良いものを選びたい、という人も多いのではないでしょうか。
様々なデザインのものがありますが、多くの人にとって違和感なく着けやすい可能性が高い結婚指輪には、あまり厚みがないものが挙げられます。
指輪は厚みがあるほど丈夫ですが、薄い方が違和感が少ない傾向です。
指輪の厚みは2ミリほどが標準的といわれています。
1.5ミリほどの薄さならば、あまり普段から指輪を着けていない人でも気になりにくいです。
結婚指輪の幅もそれぞれのアイテムによって異なり、一般的には幅が広いほうが着用感が強めとなり細い方が気にならない傾向があります。
また、デザインによっても結婚指輪の付け心地は変わってくるのが特徴です。
指輪の形状が角のある物だった場合、着け慣れるまでは違和感があるかもしれません。
その点、角のない丸みのあるデザインの方がフィットしやすいでしょう。
金属アレルギーが気になる場合は、アレルギーが起こりにくいチタンがおすすめです。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の選び方

当サイトでは末永く愛用する結婚指輪を選ぶための、サイズから素材・デザインまで指輪選びのポイントをご紹介しています。お気に入りの指輪を手に入れるための、参考になるかも知れません。またこのサイトでは、マリッジリングを長く使い続けるために重要な点も解説しています。価値あるリングは長く手元において大切にしたいものです。さらにそれぞれの人によって異なる手の、タイプ別に似合う指輪を選ぶ方法も詳しく紹介しています。

Search